怖すぎ!悪口を言うと起こる3つの嫌なことと、その対処法

      2017/11/13

猫が悪口注意

 

 

あなたはつい、悪口を

言ったりしていませんか?

 

確かに悪口を言っているときは

スッキリした気になるし、

話題性もあるので、つい言ってしまいがち。

 

でもじつは悪口って、

言った本人がダメージを受けるんです!

怖いですよね。

今回は悪口について書いていきます。

 

 

 

悪口を言うとどうなるの?

 

悪口を言うと、こんなことが起こります。

 

・自分自身に悪い暗示をかけてしまう

 

・歪んだ顔で言うため、だんだん

 口角が下がりブスになる

 

・悪口を言うクセがつき、

 無限ループしてしまう

 

じつは脳は主語を理解できません。

なので、悪口の主語は『全て自分』だと

勘違いします。

そのため、自分で自分に悪口を

言っていることになり、

結果、自分に悪い暗示をかけることに

なるのです。

 

また、悪口を言っている時は顔を

歪めているため、

それを繰り返すことで歪んだ顔が

定着してしまいます。

そうすると、老けた顔やブスな顔に

なっていくのです。

 

しかも、上記のような変化が起こると、自分に

自信がもてないため、相手を攻撃することで

無意識に自分を保とうとします。

そうすることで悪循環にはまっていき、

結果抜け出せなくなってしまいます。

 

 

 

どうすればいいの?

 

悪口がよくないことは分かったけど、

職場の先輩にイヤミを言われたから、

つい陰で先輩の悪口言っちゃった・・・

 

分かります、私もよくありました。

でも結局、自分にマイナスなこと

ばっかりなうえに、

問題は解決しないんですよね。

 

ここは冷静に、悪口をかわすスキルを

身につけましょう。

 

もし、イヤミを言われたら、深く考えず

『そうですね。すいません。』とだけ

言うクセをつけます。

 

どうせ相手も深く考えずに言ってくるんです。

真に受けるのは損なことですよ。

 

大概の場合、イヤミや悪口を言ってくる人は

自分に自信がないから攻撃したいのです。

 

私も、卑屈なA子さんによく攻撃されました。

謙虚と卑屈は別物!卑屈な女は不幸と結婚する~職場の先輩A子さん~

 

相手は自分のうさ晴らしのため

言ってきたりします。

いちいち感情的になっていたら、こちらの

エネルギーのムダづかい

させられてしまいます。

省エネモードで『はいはい。』と

流しましょう。

 

意外と難しいのが、『悪口を聞かない』こと。

今はテレビやネットなどで悪口が

頻繁に聞こえてきます。

無意識にテレビをつけっぱなしにしたり、

ネットニュースなどを見ないよう

しましょう。

 

また、悪口を言わされる場合もありますよね。

何人かが集まって悪口を

言い合っている時など、

同意を求められたりします。

 

こんな時は会話に加わらないのが1番です。

あとで、○○さん(あなた)も言ってたなどと

勝手に言われる可能性が高いので。

 

悪口大会が始まったら、席を立つなどして、

物理的に離れるようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

悪口は百害あって一利なし。

自分を守るためにも、

気をつけましょうね。

 



 - 自分磨き(内面編)