結婚式を挙げるにあたって気をつけたこと、頑張ったことをまとめてみた

      2016/06/25

長楽館ウェディング

昨日、2月20日。

京都の長楽館で、結婚式を挙げました。

 

今回は結婚式を挙げる直前に頑張ったこと、

また気をつけたことなどをまとめてみます。

 
 

エステに通う

 

二の腕ちょっと細くしたいな~♪という

軽い気持ちで数回通いました(笑)

上半身メインのコースに数回通った結果、

二の腕とともにウエストが激ヤセしました。

どれくらいかというと、衣装屋さんに

『サイズが合わなくなるので、これ以上は

ヤセないでください!』と怒られるレベルです(笑)

※エステの詳細はまた後日書きますね

 

ウェルカムボード作り

 

ウェルカムボードは自由なだけに、

デザインのセンスを問われますよね。

うちの主人は大学教員です。

しかも物理学の小難しい分野が専門です。

だからという訳ではないですが、

デザインは苦手だと思っていました。

でも主人が、ウェルカムボードを作ると

言ってくれたんです。

結果・・・びっくりするくらい

センスの良いウェルカムボードを作ってくれました!

主人の新たな一面に触れ、

惚れ直しました(笑)

 

BGM作り

 

BGMは、私がやりたい!と言ったので、

主人が私に任せてくれました。

母に花束贈呈をしたんですが、

その時の曲はTULIPの『Wake Up』

ずいぶん前に母が、私の結婚式で

この曲をかけてほしいと

言っていたものですから。

大好きな母に、感謝の気持ちが

伝わって良かったです。

 

気をつけたこと

 

結婚式を挙げるにあたって気をつけたこと・・・

それは、式に来てくださった方々を

『不快にさせない』ということでした。

そのため、私達は、主人公ではなく

来賓者をお出迎えする側(ホスト)に徹しました。

なぜそうしたのか。

それは、新郎新婦がでしゃばってはいけないことを、

反面教師のA子さんに教えてもらったからです。

この考えは、私のこだわりだったのですが、

主人は快く賛同してくれました。

ありがたいことに長楽館は格調高い迎賓館なので、

おもてなしのスペシャリスト揃いです。

もちろんお料理も超一流。

そのおかげで本当に良い式になり、

皆様に喜んでいただくことができました!

 

長楽館の皆様、来てくださった皆様、

本当にありがとうございました!

こんなにたくさんの素敵な方々にお会い出来たこと、

そして皆様に祝福していただけたこと、

本当に嬉しく思っております!

 

そして、友達のように仲良しの兄、

女手ひとつで大変だったはずなのに、

本当に大事に大事に育ててくれた母、

いつも私の全てを受け入れてくれる、

器が大きくて裏表のない、尊敬する主人。

いつも本当にありがとう。

みんなのおかげで、私は毎日幸せです。

 

本当に楽しかったです。

皆様、ありがとうございました!

 

 

 

 - 小町のこと