注意!結婚に『恋』する女は相手を妥協するはめになる

      2017/11/13

泣く少女

 

 

あなたは『結婚はゴール』

だと思っていませんか?

 

 

以前の記事で『結婚はゴール』だと思い込み、

結婚に恋した先輩、A子さんの話をしました。

勝ち組って何?結婚したせいで不幸になってたら負け組でしょ

 

今回は、結婚に恋していたもう一人の先輩、

B子さんの話をしていきます。

 

 

万年婚活のB子さん

 

B子さんはA子さんの先輩で、

私の元職場の課長でした。

 

B子さんは当時39歳。

数年以上、婚活していました。

毎週末お見合いばかりの生活だったようです。

 

B子さんは、よく独身の女友達と同窓会をして

『誰が1番早く結婚するか』を競っている

よく話されてました。

 

 

 

結婚相談所

 

ある日、B子さんが友達の影響で

結婚相談所に登録したと言ってきました。

 

なんと、30万もかかったそうです。

 

その半年後、B子さんがいきなり

『結婚する!』と宣言しました。

 

お相手は、46歳の会社員。

しかも初婚だそうです。

 

結婚相談所で紹介されたあと、

すぐに話がまとまったとのこと。

 

ただ、聞いていると少し不思議なことを

話されていました。

 

『かなり悩んだけど、もう後がないし

選べないから決めた』と。

 

 

 

結婚に失恋した女

 

念願叶って結婚したB子さん。

 

でもしばらくすると、A子さん同様、

結婚生活の不満を漏らしはじめました。

 

内容は『お義母さん』のこと。

どうやら、結婚する際に悩まれていたのは

『お義母さんと同居が条件』

だったからなのです。

 

しかも、お義母さんはシングルマザーで、

一人息子と二人三脚で

今まで生活されていました。

 

そのため『共依存』親子だったのです!

どおりで、ご主人が初婚だった訳です。

 

B子さんは、お義母さんが

B子さんに嫉妬し、ご主人と自分の仲の良さを

いちいちアピールしてきたり、

あげくの果てには寝室を覗かれるなど、

さながら昼ドラのような悩みを抱えてました。

 

しかも、ご主人はお義母さんの味方

本当に昼ドラみたいでした。

 

B子さんもA子さん同様、離婚できる訳もなく

ずっと結婚生活の不満を言い続ける生活を

送るはめになったのでした。

 

 

まとめ

 

A子さんとB子さんの共通点はひとつ。

それは、『結婚はゴール!』と思い込み、

結婚に『恋』していたこと。

 

結婚はゴールではなく、スタートです。

 

あなたも、この思い込みには

充分お気をつけくださいませ。

 

 

 - 残念な女